第100回全国高校野球選手権記念大会 星稜、3回戦進出ならず!

第100回全国高校野球選手権記念大会

 済美13-11星稜、12日の2回戦。星稜(石川)が、悲運の敗者となった。8回まで6点リードも、その裏に8失点。9回に2点差を追いつく意地を見せたが、延長タイブレークの末、13回に逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びた。先発の奥川恭伸投手(2年)をはじめ、4番手の竹谷理央外野手(3年)らが足をつらせるなど想定外の不運が続き、劇的な幕切れで甲子園を去った。
 第100回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高野連主催)に石川代表として出場した星稜は5日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった開会式直後の第1試合で大分代表の藤蔭を9―4で下して初戦を突破した。始球式をしたOBの松井秀喜さんとともに、校歌を甲子園に響かせた。2回戦は愛媛代表の済美と12日の第3試合(午後1時開始予定)で対戦する。
 第100回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高野連主催)の組み合わせ抽選会が2日、大阪市内であり、石川代表の星稜は開幕戦の5日第1試合(午前10時半開始予定)で藤蔭(大分)と対戦することが決まった。この試合の始球式は元ヤンキースで星稜OBの松井秀喜さんが務める。

組合せはこちら

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)は平成30年8月5日(日)から17日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催されます。

出場校はこちら